オリジナルシャンプーのロット生産を企業に依頼するということ

化粧品OEMのピュアハートキングスHOME > コラム > オリジナルシャンプーのロット生産を企業に依頼するということ

オリジナルシャンプーのロット生産を企業に依頼するということ

オリジナルシャンプーのOEM生産とは


OEM生産という言葉があります。他社メーカーで製造されたものを自社ブランドで売り込むという意味になります。その手法は、オリジナルシャンプーにも取り入れられています。日本には、現在、オリジナルシャンプーを手掛けるOEM企業が数社あります。生産してもらうときには、納期が非常に重要になります。ロットにかかわらず、少量生産により1ヶ月以内の納品が可能な企業もあります。オリジナルシャンプーをOEMで製造するメーカーは年々増加しており、他社のノウハウを利用してブランド価値を高め、そして、維持する上で、有意義なビジネスモデルとして成長しています。
特に、決まったロット数に応じたオリジナルシャンプーの製造を外注することにより、コストカットを実現させることが可能です。オリジナルシャンプーは、現在、美意識が旺盛な女性の間で、大きな関心を寄せられています。コストの低い商品を購入する上では、OEMで製造された商品の種類や成分などの内容をチェックすることが大切です。特に、OEMの人気のオリジナルシャンプーでは、すでに女性から支持を受けている商品もあるため、ランキングサイトや口コミなどを利用することで、売れ筋商品の特徴を調べることも可能です。
製品を作る際に大切なポイントとしては、ロット数があります。業者によって、最低ロット数が違うので、確認しておくことが大切です。個人経営の美容サロンでは、最低ロット数が何千という数になってしまうと、使い切れないこともあります。在庫として大量に残ってしまうと、費用負担が大きくなってしまいます。ロットではなく、リットルで受け付けている場合もあるので、依頼相談の段階で確認しておく必要があります。

オリジナルシャンプー作りに大切なこと


オリジナルシャンプー作りをする際には、依頼相談、試作品作り、商品作り、納品というスタイルで行われることになります。重要となるのが、依頼時の相談のタイミングです。商品から期待できる効果を考慮し、それに合わせた成分を配合することを考慮します。この段階で重要なことは、どんな成分を配合するかです。このことは念を入れて相談しましょう。髪に潤いを与えたいのであればヒアルロン酸、つやを与えたいのであればセラミドなど、主な成分を決定していきます。ただ洗うだけでは、こだわりにオリジナルシャンプーを持つ意味がありません。オリジナルだからこその良さを商品作りに生かしていかなければなりません。
香りに対しても考慮する必要性があります。フローラル系、フルーツ系、香水系など、香りにはいくつものパターンがあります。欲しいと願う理想的なシャンプーの香りに合わせた成分を選出しなければなりません。自然にこだわりを持つのであれば、フルーツ系やアロマ系のように利用者が抵抗なく利用出来るような香りが求められます。シャンプーは香りで選ぶという利用者は少なくないため、この点は成分と同じぐらい、こだわりを持つことが大切です。容器に関しては、オリジナルシャンプーを依頼するには、どれぐらいのサイズの容器に入れるのかを選択することも可能です。
店頭販売用サイズから業務用サイズまで、利用目的に合わせた商品を製造出来ますので、目的に合わせた容器を選ぶことが大切です。両方であれば、ロット数に関係なく、両方依頼することも可能です。

独自性があるオリジナルシャンプーが強い味方となる


オリジナルシャンプーは、依頼者オリジナルのこだわりを持った商品を作ることが可能です。主に、美容室やヘッドスパを始めとしたヘアケアに関する店舗に勤める依頼者が多い傾向にあります。他社に依頼するメリットとしては、大量注文、大量製造をすることが簡単な点があります。個人経営の美容室によっては、自力で製造しているところもありますが、自力製造には、どうしても限界があります。より確実に、同じ質の商品をお客様に提供するためには、企業に依頼をする必要があります。工場製造だからこそ、商品の確かな質が期待できます。
そして、2回目以降の製造は簡単に行うことが可能です。一度依頼を行うと、そのシャンプーのデータが残っていますので、あとは製造工程のみになります。早期で、1ヶ月から2ヶ月で、商品が到着します。日頃から商品を利用するヘアケア関連店舗には重要な部分となります。このように、製造する際には、便利に、確実性が高い点が企業を利用するメリットと言えます。企業によっては、ベースとなるテンプレートも用意されていますので、どんな成分を配合するか検討中という方は、テンプレートから選択して、製造をすることが可能です。初めてのオリジナルシャンプー製造で理解出来ないことがある場合も、気軽に相談を出来ますので、安心です。
美容サロンの数は減少の一途を辿っています。そんなときには、サロンの独自性を出したオリジナルシャンプーが強い味方になってくれます。他のサロンとの差別化を図るためには、必要なアイテムのひとつです。

次の記事へ