オリジナルシャンプーを製造して独自のセールスポイントを作る

化粧品OEMのピュアハートキングスHOME > コラム > オリジナルシャンプーを製造して独自のセールスポイントを作る

オリジナルシャンプーを製造して独自のセールスポイントを作る


オリジナルシャンプーの魅力



日本において髪を洗うときにシャンプーを使うようになったのは、1950年代のことです。この頃、現在主流になっている液体のものが普及し、リンスも登場して髪を洗う意識が強くなっていきました。その後、シャンプーの種類は増え続けていきましたが、現在市販されているものは3つの種類に分けることができます。それは、安価で洗浄力の強い高級アルコール系、天然素材で作られ刺激の少ないせっけん系、たんぱく質由来の界面活性剤を使用したアミノ酸系です。

ところが、髪も肌と同じで、季節や体調によってコンディションが変わるので、髪の状態に合わせたものを使うのが理想的です。市販されているものには、どんな成分がどれくらい配合され、どんな方法で製造されているのかよくわからないものが多くあります。そのため、思うような髪質にならなかったり、頭皮トラブルを起こしてしまうことがあります。そのようなとき、オーガニック素材だけを使用し、香料や保存料を一切使用しない無添加のものを使うと敏感肌の方も頭皮にかかる負担が軽減されます。

このように、市販品にないような特殊な原料を使用し、好みの香りにしたり、テクスチャーも自由に決められるものをオリジナルシャンプーと言います。ヒアルロン酸や白金ナノコロイド、複合アミノ酸などを配合したものがあれば、女性にとっては大変魅力的な製品になります。オリジナルのシャンプーは健康に特化した製品ですので、それを美容サロンのセールスポイントにすれば収益力アップにつながることも十分期待できます。

今、美容サロンの数は全国的に増加の一途をたどっています。何の変哲もないサロンでは、生存競争の激しい中、苦戦を強いられてしまいます。生き残っていくためには、サロンの独自性を出したオリジナルシャンプーが強い味方になってくれます。実際にそういった商品の製造にこだわったサロンも増えており、ヒット商品を作っているところも出てきています。美容サロンにとって重要な要素ですので、他のサロンとの差別化を図るためにも特別なものを製造する意味は大きいです。



オリジナルシャンプーを製造する方法

 

オリジナルシャンプーを作るためには専門業者に委託するのが手軽で安心です。独自のオリジナル商品をつくることをOEMと言いますが、オリジナルを製造する専門業者を指す場合もあります。全国にはOEMのサービスを行っている業者は数多くあるので、まずは業者に連絡して作りたいシャンプーの情報を伝え、具体的なイメージを提案してもらうことになります。

例えば、髪に潤いを与えたいのであればヒアルロン酸、ツヤを与えるのであればセラミドなど、成分と効果を考えて伝えます。または、アトピーで悩んでいる方向けのものを作りたいので、成分は刺激を感じにくいものにしたいなどという要望を伝えて、具体的な成分を提案してもらいます。このように、ダメージの修復、保湿、キューティクルを整える、ツヤを与えるなど、成分によって効果も変わるので、目的に応じて様々な成分を選んでいきます。

次に、香りに関しても、フローラル系の香りやフルーツ系、香水系などいくつかのパターンがあります。お客様が抵抗無く利用できるように、こだわりを持って選ぶことが大切です。香りは重要な要素です。依頼の相談が済むと、次は試作品を作ります。サンプルを作成し1カ月くらいかけて中身を決定していきます。その後、実際の商品作り、納品という流れになります。

また、ボトルパッケージも自由に作ることができます。わかりやすいキャッチコピーを付けたり、アルファベットのフォントを用いたりしながら、おしゃれで洗練されたデザインを作ることが可能です。もし、デザインが苦手であれば、OEM業者のプロにデザインを委託し、作りたいシャンプーのコンセプトに合わせたパッケージを作成してもらうこともできます。お店独自のセールスポイントをアピールするためにも、ボトルのデザインにこだわってPRすることは大事なことです。

そして、製品をつくる際に大切なポイントとしてロット数があります。業者によって最低ロット数が違うので確認しておくことは大切です。個人経営の美容サロンでは、最低ロット数が何千という数になると使い切れないこともあります。在庫となって残ってしまっては費用負担が大きくなってしまいます。ロットではなくリットルで受け付けている場合もあるので、依頼相談の段階で確認しておくようにしましょう。



OEM業者を選ぶ際のポイント

 

サロン経営者やコスメ販売店などのニーズを聞いてオリジナルシャンプーを製造してくれる業者はいくつかありますが、フルオーダーで製品を作成してくれて、製造以外でもあらゆる面でサポートを行い、相談にも親身に応じてくれる業者を選ぶと信頼できます。また、ロット数が少なくでも対応してくれる、納品の早さに自信を持っている、ボトルデザインにも対応してくれる、要望の変更にも素早く応じてくれる、オリジナルシャンプーの製造で実績が豊富、製造経費も比較的安いなど、お客様に合わせた丁寧な対応ができるところは安心して注文することができます。

OEM業者は、シャンプー以外にも様々なオリジナル商品を手がけているところもあります。例えば、ハンドクリームやフットケアなどのボディケア商品や化粧水、乳液などの化粧品のオリジナル商品を作っています。製造しているものが、毛髪に限定されるのか、それ以外にも幅広く対応できる業者なのかは重要なポイントです。直接肌に触れるケア商品を数多く製造している業者であれば、商品の質の高さに直結しますので、そのような業者がおすすめです。

また、今はインターネットが普及しているので、ネット上でOEM業者の口コミを見ることができます。直接、使用している方たちの評判ですので参考になりますし、オリジナルシャンプーを製造している業者の製品や納期などの特徴を比較しているサイトもあります。そのような比較サイトで上位に挙がっている業者を選ぶのも一つの方法です。オリジナルシャンプーの製造をするときは、インターネットを活用して情報を収集し、業者の選択に役立てるとよいでしょう。

次の記事へ