シャンプーの香りや成分を理解して健やかな髪を目指す

化粧品OEMのピュアハートキングスHOME > コラム > シャンプーの香りや成分を理解して健やかな髪を目指す

シャンプーの香りや成分を理解して健やかな髪を目指す

シャンプーの良い香りが漂う髪にするためには


シャンプーの香りを持続させるためには、お風呂で髪を洗う前にブラッシングをし、頭皮のフケやほこりをあらかじめ落としておくことが大切です。髪の表面に付着している汚れを、シャンプーだけで洗い流すのではなく、事前に落としておくことで、より綺麗に洗髪することができます。同じ理由で、その後に髪に付着させ泡立てる前に、お湯ですすぎ洗いをすることもポイントです。これにより、ブラッシングで落としきれなかった、頭皮の汚れを流すことができ、泡立てて洗った際にも、より綺麗に汚れを落とすことができます。
髪を洗い終えた後は、しっかりと頭皮から毛先にかけて乾かします。良く乾いていない状態で放置してしまうと、頭皮へのダメージを与え、髪を傷めてしまうので、香りも持続しにくくなります。また、濡れた状態の頭皮に雑菌が広まり、髪が臭くなってしまう原因にもなるので、濡れた髪は速やかに乾かします。また、日ごろからこまめに髪を手入れし、トリートメントなどで栄養を補うことを心掛け、毛髪の表面を覆うキューティクルを守ります。髪が傷んで、キューティクルがはがれている状態では、ヘアケアに必要な美容成分が、毛髪によく浸透していないため、せっかくの香りも持続させることが難しくなります。キューティクルのある艶やかな髪を目指して、日ごろからケアすることが大切です。
しっかりと髪に香りを匂わせたい場合は、同じシリーズのコンディショナー、トリートメントなどを使うようにします。匂いの強いものを選ぶと、かえって頭皮に合わずに匂いが強くなりすぎる心配がありますので、まずは同じシリーズのものを使用してみて、様子をうかがいます。

シャンプーの成分の系統


シャンプーを選ぶ際には、今の髪の状態がどうなっているのかを理解し、健やかな髪になるために必要な成分が何かを考えて選びます。現在では、洗浄力が高く、美容成分をしっかりと配合した、自然な香りのする使いやすいものが一般的です。配合された成分を理解したうえで、自分の目的に合ったものを選ぶことが理想的です。
アミノ酸系とは、アミノ酸やヤシの木など、天然由来のものを洗浄成分としており、刺激が少なく、優しく洗い上げられることが特徴です。せっけん系は、植物由来の脂肪塩酸が、頭皮環境を正常に整えますので、健やかな状態を目指したい時に効果的です。よく泡立ち、高い洗浄力が魅力の高級アルコール系もあります。トレハロースなどの界面活性剤を用いて髪の質を高めたい時には、コラーゲンやケラチンといった、たんぱく質を含んだものがおすすめです。カラーやパーマなどで髪のダメージが蓄積している場合は、シリコンを含むものを選ぶようにします。しっとりとまとまりの良い髪質を目指したい方には、シリコンの含まれていないものが良いです。
シャンプーは、配合されている成分によって、それぞれの髪の悩みに適したものがあります。髪の傷みがひどく、ツヤのない髪質に悩んでいる方であれば、キューティクルを整える働きに期待のできるセラミド成分の配合されているものが良いです。パサつきを感じる方には、潤いのある髪に導くヒアルロン酸がおすすめです。毛髪がすぐに切れてしまう、激しく傷んだ髪の場合は、複合アミノ酸を含んだもので、髪のダメージを補修するようにします。

シャンプーの香りの持つ特徴と精神への働き


毎日のシャンプーは、心をリフレッシュする時間でもあります。自分に合ったものを選ぶ際には、髪への美容成分の高いことはもとより、自分の好みに合っているかも重要です。シャンプーの香りには、いくつかの種類があります。爽やかで、男性からの印象も良いのが、フルーツ系です。フローラル系も、優しく自然な匂いが、多くの人に親しまれやすいです。上品な雰囲気を漂わせる香水系、自らの内面もリラックスさせるような、アロマ系も人気があります。普段愛用しているものが、どんな匂いであるかを把握していると、新しいものを選んだ際にも、抵抗なく使用できます。
香りには、それぞれ植物固有に持つ精神的な働きがあります。シャンプーの場合は、香水やアロマオイルのように、はっきりとした強い匂いこそありませんが、心に癒しをもたらす効果があります。例えば、樹木系と呼ばれる香りは、スッキリとした爽快感が特徴です。ユーカリは、感情を落ち着かせるほか、頭をリフレッシュさせ集中力を高めます。ティートゥリーは、気分を切り替える効果があり、疲労感を和らげます。柑橘系は、瑞々しく、気持ちをすっきり切り替えさせる効果に期待が持てます。レモンは、神経の高ぶりを鎮め、記憶力や集中力を高めます。グレープフルーツは、不安定な情緒を落ち着かせ、気分のムラをほぐします。フローラル系であるローズは、イライラを軽減させ、ストレスを和らげます。精神的な疲労感が蓄積している方には、リラックス効果のあるラベンダーが良いです。

次の記事へ