化粧品メーカーとoemの関係性を知ろう

化粧品OEMのピュアハートキングスHOME > コラム > 化粧品メーカーとoemの関係性を知ろう

化粧品メーカーとoemの関係性を知ろう




化粧品メーカーとoemの関係



化粧品を作るとき、どんなふうに作られているか知っていますか?たくさんの専門メーカーたちが独自の研究所を持ち、自社製品を日々研究しているところを想像する方も多いことでしょう。もちろんこれも間違ったイメージではありませんが、実のところ、製品を研究したり作ったりしているのはブランドを持つ企業だけではありません。なぜなら大きな企業になればなるほどさまざまな製品を取り扱っているために研究が追いつかないこともあるからです。さらには、メーカーよりも製品や化学薬品に詳しいこともあり、外部に依頼したほうがより優れた製品を作れることがあります。

ではこうした研究がどこでなされているのかというと、oemと呼ばれるところで作られています。oemとは、他社ブランドの製品を製造する企業を指します。また、他社メーカーで製造されたものを自社ブランドでとして売り込むことをoem生産といいます。これは数多くの企業が行っているビジネスであり、コスメやシャンプーなどを作っている企業では当たり前の方法となっているのです。

製造元と販売元の企業はそれぞれパッケージや袋などに明記されており、それぞれ使っているコスメやシャンプーなどの裏面などを確認すればすぐにチェックすることができます。化粧品メーカーとoemがタッグを組み、世に有益な商品をたくさん出しているというわけです。現在ではこのシステムを利用することでたくさんの企業が商品研究や販売を効率化しています。どんな業界でもこのように製造元と販売元が協力し合って商品を作ることはありますから、こうした試みは決して珍しいわけではありません。むしろ昔から親しまれてきた方法であり、今後もより、活用されていくことでしょう。



oemの流れ



実際にさまざまな企業がoemと連携して製品を作っています。しかしながら実際はどのようにして作られているのでしょうか。その方法を具体的に見ていきましょう。最初に行われるのは製品の企画です。化粧品メーカーと製造元となる企業が打ち合わせをおこない、内容を決めていきます。例えば作る商品は何か、シャンプーやコンディショナーからはじまり、ファンデーションやリップクリームなど、作る製品は多岐にわたります。ほかにも入れたい成分や容器のデザインなども具体的に詰めていき、イメージを言葉にしていきます。コンセプトを決めることも重要です。ブランドのイメージを損なわないように決めることが大切です。

それが終わったら次は、細かい成分を決めてサンプルを作っていきます。たいていサンプルを1回作ったら終わりということはないので、最初に作った試作品をもとに、改善方法を探り、成分や容量をどれくらいにするかなど細かいところまで話し合っていきます。修正期間はその製品にもよるため、一概にはいえませんが、納得するまで話し合いを進め、改善していくことになるでしょう。何度かサンプルを作り、中身はもちろんのこと、ラベルや容器のデザインまで決まったら、次は実際に製品として仕上げていきます。これが終われば発注作業に移り、oemは受注した分の本数を作ります。

納品後にも実際に販売してみてどうだったか、お客様の反応はどうかなどを知り、今後改善していくかどうかを見極めます。製品だけでなく販促ツールのデザインをサポートしてくれる企業もありますから、依頼するときに相談してみるとよいでしょう。



oemのメリットと注意点



たくさんの化粧品メーカーがoemと提携して商品を作っているのはどうしてなのでしょうか。もちろん自分たちで作り切れない製品の製造や研究を任せることも理由の一つにありますが、実はたくさんのメリットがあることでも知られているのです。

例えばoemで製品を作ったり研究したりすることは、コスト削減につながります。新しい製品を作るときには、新しい機械を導入したり新たにチームを立ち上げたりとなにかと費用や時間がかかってしまうものです。本当は営業や販売にも人材を置きたいのに、製品開発がなければそれができないため、多くの経費や人件費を開発や製造に置かなければなりません。しかし外部でそれができれば、自分たちの時間やコストを大幅にカットできます。

また、中小企業が参入するときのサポートという面でもメリットがあることでしょう。大きな企業であれば大きな工場を持ち、ノウハウを持ってやっていけるかもしれませんが、中小企業では長年培ったノウハウなどはありませんし、工場を持つことも難しいでしょう。しかしこれらをすべて外部から取り入れれば、いままでは難しいと思っていた自社製品の開発も可能になりますし、機材の導入や人材不足に悩むこともほとんどなくなります。

このように化粧品メーカーがoemと組んで製品を作ることには多くのメリットがあり、ほとんどの企業が取り入れています。大きな製造工場や開発部門を持っている大手企業でもそれは同じことであり、こうしたビジネス提携を取り入れることによってたくさんの企業がビジネスの効率化を図り、よりよい商品開発を目指しています。

次の記事へ