大阪のシャンプー「OEM」の魅力

化粧品OEMのピュアハートキングスHOME > コラム > 大阪のシャンプー「OEM」の魅力

大阪のシャンプー「OEM」の魅力



シャンプーの歴史



現代において、髪を洗う際にはシャンプーを使うことが一般的です。しかし、日本での歴史は浅く、現在主流になっている液体シャンプーが普及し始めたのは1955年頃といわれています。

そもそもかつての日本では、髪を洗うという行為自体が一般的ではありませんでした。古代において、髪や体を洗うのは衛生のためではなく、神や仏に仕えるものが儀式の前に身心を清める目的でおこなっていました。平安時代になって、貴族たちの間で髪を洗うという行為がおこなわれるようになりますが、その頻度は1年に1回程度でした。江戸時代になると、その頻度は1カ月に1度ほどになったといいます。江戸時代の女性には、いわゆる日本髪と呼ばれる、重力に逆らう形に結い上げたり、さまざまな形に固定したりした髪型が流行します。髪型を固定するために油を用いるため、その油分を落とす目的で髪を洗うようになりました。洗髪の際には桶に水を張り、米ぬかや小麦粉、ふのりなどを入れて、髪の毛にすりこんでいました。日頃のケアは櫛でよく梳いて垢を取ることであり、臭いを防ぐために匂い油をつけていました。

洋髪の文化が入ってくると、洗髪に粉せっけんが使われるようになります。その後、1926年に発売された商品にはじめてシャンプーという言葉が使われました。このころは固形のものや粉末状のものが主流であり、成分もせっけん由来でした。現代のような界面活性剤を原料とするものは、1950年に登場します。そこから多くの商品が流通し、1955年頃には液体シャンプーが普及しはじめ、髪を洗う習慣が定着してきます。リンスも登場すると、髪の毛を洗うことに対する意識はどんどん強くなっていきました。



現代のシャンプー



シャンプーの種類はどんどん増えています。植物由来の原料を用いたものや、洗いながら髪の毛のダメージを補修するもの、敏感肌の人でも安心して使えるもの、人工物であるシリコンを使わないものなど、各メーカーがさまざまな需要に応えるように商品を送り出しています。

現在流通しているシャンプーは、大きく3つの種類に分けることができます。高級アルコール系、せっけん系、アミノ酸系です。高級アルコール系のものは、市販されているものの大部分を占めます。安価で洗浄力も高く、コーティング剤や香料も含まれているものが多いので、すっきりとした洗い上がりになります。しかし、石油由来の洗浄成分が多く含まれていて、頭皮や髪への刺激が強く、皮脂を取り過ぎてしまうおそれがあります。

せっけん系のものは、その名のとおりせっけん由来の洗浄成分のシャンプーです。高い洗浄力をもちつつ、天然素材でつくられているため、頭皮や髪への刺激は少ないことが特徴です。ただし、コーティング剤が含まれていないことや、アルカリ性であることから、洗い上がりにごわつきを感じてしまいます。洗髪の後にはトリートメントなどによって、頭皮と髪を弱酸性にもどすケアも必要になります。髪本来が持つ自然治癒力を高める効果があるため、頭皮や髪の毛に悩みを持っている人におすすめです。

アミノ酸系は、たんぱく質由来の界面活性剤を使用したシャンプーです。頭皮や髪に与える刺激が少なく、洗浄力が低いのが特徴です。皮脂を取り過ぎることなく、乾燥を防いでくれます。敏感肌や乾燥肌の方におすすめです。しかし、アミノ酸成分は原料が高価なため、シャンプーの値段も割高になってしまいます。また、洗浄力が低いため、整髪剤などを洗い落とす場合には二度洗いが必要となることもあります。



シャンプーOEMについて



OEMとは他社のブランドの製品を製造すること、または製造する企業そのものをいいます。このOEMのメリットは、そのお店や会社独自の商品を比較的安い経費で製造できる部分にあります。その商品に応用する技術やノウハウはOEM受諾元が常に研究・開発を重ねてその商品に注ぎ込むため、依頼主は新たな技術開発投資や、商品開発のための部門を立ち上げることなどをする必要がありません。どのような商品を開発したいか、どういった客層に商品をアピールしたいかといった打ち合わせを開発元とすすめることで、より納得できる商品づくりができます。また、独自商品を展開することによって同業他社の商品との差別化ができるため、顧客獲得の上で大きなアドバンテージを見込めます。

シャンプーのOEM商品を展開するなら、先に述べた3種類を選び、どのような原材料を使用するか、香りのイメージはどうか、アピールする客層はどこか、値段設定はどれくらいにするか、といったことを打ち合わせします。それをもとに成分の調整やパッケージのデザインをおこないます。東京や大阪など、日本各地にOEM企業があります。東京には東京の、大阪には大阪の流行の特徴があるため、シャンプーの開発を検討しているのであれば、各地域のOEM企業に依頼してみてはいかがでしょうか。

次の記事へ