小ロットからオリジナル化粧品をつくることができるoem

化粧品OEMのピュアハートキングスHOME > コラム > 小ロットからオリジナル化粧品をつくることができるoem

小ロットからオリジナル化粧品をつくることができるoem

oemとは



oemとはoriginal equipment manufacturerの略語です。これを直訳すると「独自製品を製造する企業」になりますが、現在での意味合いは「他社ブランドの製品を製造する企業」を示している言葉になります。簡単に言うと製造会社が他社に依頼されたオリジナル製品を代わりに製造することです。例えば化粧品の場合では取引先が指定したオリジナル製品の成分や香料、容量などを基に製品を製造します。また、製品企画を行う段階からサポートし、成分決定やサンプル作製など、納品後のサポートまで行なう化粧品oemメーカーもあります。

一口に化粧品oemメーカーと言っても、独自のルートによる原材料の確保、特殊な技術や経験の有無などの差で、メーカーには得手不得手が出てきます。そのため作りたいオリジナル化粧品の種類によってはメーカーを選択する必要があります。たとえばクリームなどの乳化技術に長けているメーカーや、ファンデーションや口紅などカラーにこだわりが強いメーカー、シャンプーやリンスなどのヘアケアに秀でているメーカーなどそれぞれ特徴があります。また、大量生産で生産コストを重視したメーカーや小ロットでも製造可能なメーカーも存在するため、生産量を考慮した選択も考えておく必要があります。

個人経営や数店舗の経営などの大量生産を必要としていないエステや美容サロン、ヘアサロンなどを開いているショップは、少しの在庫でも大きな痛手となります。ましてやオリジナル化粧品を一から作り上げるとなると、コストは更に大きくなるため、多くの在庫をかかえることのならない小ロット製造は重要です。



oemのメリット



化粧品oemメーカーに依頼するメリットは、コストや時間・労力を軽減できる点です。生産ラインの工場を自社で設備しなくても済むため、資金や維持費などの生産コストを大幅に削減できます。化粧品を開発・製造するにはいろいろな段階を踏んでいくことになりますが、それぞれの段階にはその度高い専門性や知識が必要となります。もし自社で製造する場合、すべての問題をクリアするために驚くほどの時間と労力、コストをかけることになりますが、oemメーカーに依頼した場合では過去のノウハウを活かし、より短期間での商品開発を行なえます。高い知識とノウハウは、何も開発・製品化するまでの過程だけの話ではありません。市場の動向や化粧品の流行などにも精通しているため、オリジナル化粧品が市場に出た後の事も踏まえた商品開発のアドバイスも期待できるなど、ビジネス的要素も大きなメリットのひとつです。またoemメーカーによっては出来上がった製品の販売促進に注力し、ツールなどを作成してくれるメーカーもあります。

さらに、小ロット製造の場合は、大量生産した在庫を保管する倉庫の経費がいらず、商品が足りなくなったら都度、oemメーカーに発注できることが大きなメリットです。そして発注毎に必要なオリジナル製品の原料や資材の確保などのコストや手間がかからないことも魅力です。

化粧品を製造し販売するためには、「化粧品製造業許可」と「化粧品製造販売業許可」という許可が必要です。製造業許可は簡単に言うと製造行為を行なうための許可で、製造販売業許可は完成した製品を市場に流通させるための許可となります。oemメーカーはすでに製造許可を取得し運営しているため、この許可取得は必要ありません。さらに製造販売業許可を取得するメーカーもあるため、依頼することで許可の取得は必要なくなります。



オリジナル製品作製の流れとポイント



オリジナル製品を作製するには、まずoemメーカーとよく打ち合わせをし、商品の種類や成分、香り、容量など中身の内容や容器、使用感やこだわり、イメージ、コンセプトなど企画を練り上げます。メーカーの中には製造を行なうことのほかに、販売までをサポートしているメーカーもあるため、その場合は、ターゲット層や流通販路、市場動向をもとにニーズを確定してマーケティングを行います。

次に開発・サンプル作製に入ります。原料や資材、容器などを持ち込みが可能なメーカーもありますが、大抵はメーカー側の原料・資材などをベースにさまざまな有効成分やこだわりの原料を配合し、イメージに近い仕上がりになるまで試作を繰り返します。こうした過程は小ロットの依頼でも変わることはなく、試作と同時進行で、お客さんが安心・安全に使用できるよう、パッチテストをはじめ、肌への刺激や安全性に関するテストも実施します。

納得がいく製品の規格が決まったら、容器やパッケージ、ラベルデザインなどイメージに添うように決定していきます。また、ラベルデザインでは表示などに薬事法の逸脱がないかを細かくチェックします。処方やパッケージデザインなど商品全体の規格が決まれば正式に発注して生産します。

オリジナル化粧品をつくるうえで大事なことは、オリジナル製品への愛情と思いです。oemメーカーの技術力を駆使して原料のいいものにこだわった商品開発をし、どんなに魅力のあるオリジナル製品を完成させたとしても、消費者に良さが伝わらないのでは購入してもらえません。oemメーカー側に商品についての情報や思いが伝わらないと、商品の良さがぼやけてしまい商品の魅力は消費者には伝わりません。商品と向き合い、一丸となって思いを込めることで、商品の魅力は初めて伝わります。

次の記事へ