美容室のシャンプー選びの重要性とオリジナルのものを作る

化粧品OEMのピュアハートキングスHOME > コラム > 美容室のシャンプー選びの重要性とオリジナルのものを作る

美容室のシャンプー選びの重要性とオリジナルのものを作る

シャンプーで美容室を決める


美容室の良しあしを決める重要な要素の一つにシャンプーがあります。やはり自分でするのとスタイリストがしてくれるのとでは気持ちよさが全く違いますし、仕上がりも見違えるような違いがあります。そのため、多くの人がスタイリストに洗ってもらうのを楽しみに通っていることも考えられるのです。最近では機械で行うようなところもありますが、手でしっかりと汚れを落とすだけでなくマッサージも一緒に行ってもらえるところが人気です。
シャンプーの素材選びも重要です。せっかくならば美容室で行う際には髪の毛に良いものを使ってほしいというのは多くの顧客の願いでもあります。気に入れば購入して帰るという人も多くいますし、そういった人がいれば利益率アップにもつながります。そのため良い素材のもの、匂いや使用感の良いものを見つけることが重要です。
近年では情報も氾濫しており顧客もたくさんの情報を持っています。美容成分についての知識も豊富ですから、どのようなものを使っているのかということを事前に聞かれることも少なくありません。その際にきちんとスタイリストとしては説明をしたいですし、自分たちとしてこだわっているポイントについても伝えていきたいものです。
そこで、最近では美容室オリジナルでシャンプーを作るというメーカーも出てきています。オリジナルと聞くととても高くなるのではないかと不安に思う人も少なくないですが、実際にはそのようなことはなく、手間もあまりかからず作ることができます。せっかくならばこだわりぬいて自分たちの理想のものを使っていきたいですから、コストや素材など総合的に判断して既製品とオリジナル、どちらがよいのかということをぜひ検討してみましょう。そうすることで、美容室選びの一役を買う可能性もあります。

シャンプーをオリジナルで作ってみよう


美容室オリジナルのシャンプーは、実は意外とコストがかからず作ることができます。たくさんのベース素材とコンセプト成分とがありますから、組み合わせていくと既存のものを組み合わせてもオリジナルのものが出来上がるのです。香りも選ぶことができますし、業者によってはサロン独自の香料を作ることもできるのでオリジナルのものは無数に作ることができます。せっかくつるならば、しっかりと自分たちのコンセプトを持って作りたいものです。カラーやパーマをした髪の毛のダメージを補修するもの、マイルドな洗い上がりのもの、天然素材にこだわったものなどいろいろなリクエストに応えてもらうことができます。
制作にあたっては、打ち合わせで自分たちの作りたいものがどういうことかをしっかりと伝えていきましょう。そうすれば、プロの意見から自分たちの企業で作れるものがどういうものになるか、相性のよい成分や組み合わせなどを提案してもらえます。ある程度成分の話が決まってくればサンプルが出来上がってきます。サンプルを使ってみて希望する洗い上がりか、香りは良いか、泡立ちはどうなっているかということを実際に使って確認します。変更するべき内容があれば改善提案をして作り直し、再度確認作業をします。これを繰り返してある程度の骨子が固まったら、容器やデザインの話し合いをして装丁まで決めていきます。やはりサロンに置くので見た目も可愛いもののほうがインテリアにもなじみます。顧客向けに販売することも視野に入れて、見た目も可愛くてオリジナリティのあるものを検討しましょう。

作る上での注意点


美容室オリジナルのシャンプーというのはとても魅力的です。オリジナルのものがあると聞けば、顧客の多くはお店に対してこだわりがあると感じますし、ポジティブな評価をしてくれることも考えられます。しかし、オリジナルのものを作るのは決して簡単なことではありません。
オリジナルのものを作るとなれば、そのための手間がかかります。特にこれから美容室を開業するために作成したいという場合には慎重に考えることが必要です。開業前というのはとても忙しくやるべきことがたくさんあります。そのため忙しい中でシャンプー作成のための時間を作ることが必要になるので、計画的に取り組む必要があります。
また、コストもいろいろなことにお金がかかりますから余裕があるか確認しましょう。もし開業前に作成するとなると出費も多いので本当に費用が捻出できるか確認したうえで依頼をする必要があります。後からキャンセルをするようなことが無いようにしましょう。また、合わせて開業するまでに納期がオープン前になるように計画的に準備をしていきましょう。先に開業日など期限を伝えておけばそれに間に合うように打ち合わせも行ってもらえます。
オリジナルのものを作ったら自分たちで使うだけでなく顧客に販売することも考える必要があります。ただ洗う際に使うだけでなく、販促ツールなどを用いて店頭でアピールしましょう。業者によっては、販促ツールの作成をしてくれるところもあるので、自分たちで作る必要はありません。また、販売することで制作したシャンプーを使い切ることにも役立ちますし、リピーターを増やすことにもつながります。

次の記事へ