自社ブランドの薬用シャンプーを開発しよう

化粧品OEMのピュアハートキングスHOME > コラム > 自社ブランドの薬用シャンプーを開発しよう

自社ブランドの薬用シャンプーを開発しよう




シャンプーの種類について



日常生活を営むうえで、入浴は欠かすことのできないものです。仕事にせよ、プライベートにせよ、清潔感を維持するということは、さまざまなシーンで重要になってきます。そこで、髪を洗う際に多くの人がシャンプーを使用しています。一般的にシャンプーは容器に入っており、プッシュをすることで出すことができるものが多くなっています。現在では数多くの種類の製品があり、これから自社ブランドの製品を開発したいと考えている人の中にはどのような特徴を採り入れたものを選択すればいいのかわからない方も多いでしょう。そのため、あらかじめ特徴別効果を知っておくと開発をする際に参考にできる可能性があります。

現在販売されているシャンプーの中には薬用のものがあります。薬用の製品にはどのような特徴があるのでしょうか。特徴の一つとして挙げられるのが、フケや痒みの予防、改善を期待できることです。実際に日本人の中にはフケに悩んでいる人は多いです。ずっと自宅にいるのであれば、あまり気にする人は少ないでしょうが、外出している際にフケがあると周囲の人に気づかれることがあります。髪の毛は黒く、一方でフケは白いので、目立ちやすいです。また、頭をかきむしると床に落ちるので気にしている人も多いです。薬用のものを開発すれば、成分によってはフケ予防を期待できる製品を開発することができるので、自社ブランド製品の開発をしたい人の中には薬用のタイプをOEMで製造する人もいます。

さらに薬用のものはかゆみを予防することも期待できます。かゆみが酷いと物事に集中することができないので、普段から予防したいと考えている人は多いです。痒みが酷い人は頭を洗った後に痒みを感じる人も多いです。そのような人が薬用のものを使用することでさらに酷くなることを予防できる可能性があるので、利点を感じる人も多いでしょう。その他にも保湿効果が期待できます。保湿効果を期待できればバサつきなども予防できます。また、キューティクルの剥がれなどを少なくすることも可能です。

なお、薬用以外にもオーガニックにこだわることができる場合があります。オーガニックとは簡単に言えば天然由来の成分だけが含まれる製品になります。実際に海外等でも天然由来のものだけを使用するという人は多く、実際に化学薬品を使用したものを取り入れたくない人や、自身の健康を考えている人の中にはオーガニックシャンプーを購入している人もいます。オーガニックの特徴は頭皮のダメージを少なくできることです。そのため、薬用シャンプーと同様にフケや痒みなどを予防する効果が期待できます。



薬用シャンプーを開発するための方法



このように種類によってそれぞれの特徴がありますが、企業の中にはどのように開発を進めていけばいいのかわからない人も多いです。特にシャンプーの開発は今まで携わっている人だけでなく、新規参入をする企業や開発は初めての会社も少なくありません。そのような企業の中には開発の仕方を知らない人も多いです。開発の仕方として挙げられるのが、自社工場を準備する方法です。実際に開発にはその製品を開発するための工場を準備することが求められます。工場がなければ生産することができないので、店舗に自社商品を並べることは難しいです。しかし、自社工場を所有するためにはコストが大きくかかるので、その選択肢を取ることができない人も多いです。

そのため、外部に生産する部分を委託する人もいます。委託することで工場を準備する必要がなくなるので、初期費用を抑えることができます。また、新製品の開発に専念することができます。通常、自社工場を所有して開発をすれば生産工程も自身の会社で管理することになります。そのため、生産工程も社員が管理しなければなりません。一方で生産工程を委託すればその部分は委託した企業が行ってくれるので、次回生産するシャンプーの素材などに集中することができますし生産量をコントロールすることもできます。現在では小ロットなどにも対応してくれる企業が数多く、実際に少ない個数の依頼をして自社の店舗などで販売しているところも多いです。



委託する業者を選択しよう



実際に生産工程を委託できる業者は多いです。例えば車や化粧品など委託して生産する方法を選択する人は多いです。薬用シャンプーなどの生産工程を委託したいと考えている人の中にはどのような業者を選択すればいいのかわからない人も多いです。

例えば、業者を選ぶ時は複数の成分を扱っているところを選択するというポイントがあります。取り扱い成分が多ければ多いほど開発側は好みの成分を選択できる可能性が高いです。そのため、それを購入してくれた方に想定していた効果を期待することが可能です。

その他にも業者を選択するときは実際に利用した人の声を確認するのも一つの方法です。ホームページなどに利用者の声が掲載されている場合があるので、その意見を参考にして業者を選びましょう。また、納期も確認しましょう。納期はそれぞれの業者で異なるので、販売までに間に合うところを選択するようにします。

次の記事へ