OEMでオーガニックシャンプーを注文しよう

化粧品OEMのピュアハートキングスHOME > コラム > OEMでオーガニックシャンプーを注文しよう

OEMでオーガニックシャンプーを注文しよう




オーガニックシャンプーの利点について



昔はオーガニックに対する意識がそれほど高くはありませんでしたが、近年ではオーガニックのシャンプーを利用している人が増えています。逆にオーガニックではないタイプの方が売れなくなるなど人気は高まっています。そんな人気が高まっているシャンプーですが、利点は何かについてここで述べます。

まず1つ目は頭皮へのダメージの少なさです。オーガニックは簡単に説明すると天然由来の素材が原料である成分です。その為、刺激物がそれほど存在しません。頭皮トラブルが発生しにくいシャンプーと言われているので、肌になるべくダメージを与えたくないというこだわりをもつ人が利用しています。従来品と比較すると、成分としてはラウレス硫酸Naなどの洗浄力の強いものが含まれており、これが原因で頭皮トラブルがよく発生していましたが、オーガニックに関しては洗浄力の強い成分が含まれていないので頭皮の安全を守ることができます。また、洗浄力が低いのでちゃんと洗うことができるのか心配に思う人もいますが、基本的に汚れ自体はお湯で洗っても落とせるくらいだと言われています。その為、刺激物は頭皮には必要ありません。頭皮に刺激を与えたくない人は特に利用した方がいいでしょう。

続いて2つ目に髪の保湿をしてくれる利点もあげられます。髪の毛は保湿が足りない場合どうなるのかと言うと、乾燥状態になり頭皮なども痒みが発生します。特に冬や春先の乾燥がしやすいシーズンはよくトラブルが起こりやすいですが、防ぐためには保湿が重要です。中には濡らしておけば問題ないと思っている人もいますが、濡らすだけではパサパサになりがちで髪の毛の健康状態を守れません。オーガニックなら天然由来の成分が多く含まれており、その中でもオイル系が含まれているのでしっかりと保湿することができます。保湿をすることができれば痒みもなくなり炎症などもなくすことができるので特に乾燥状態が続いている人は使用について考えるといいです。

その他にも3つ目として環境への優しさも利点です。オーガニックのシャンプーは天然成分が原料のため洗い流したらそのまま自然に還ります。環境に良くない化学物質などは使用されていないので環境にもやさしい成分で人気が高いです。このように健康的な問題では従来のものよりも利点が多いです。環境的に見てもデメリットとなる部分は少ないので近年ではオーガニックのシャンプーに切り替える人たちが増えています。



OEMでシャンプーを開発する際には成分と香りや容量を決めよう



現在では自社工場を持たないOEM開発を検討する企業は多いです。OEMの利用によって数多くの利点がありますが、利用する時には様々なことを注文者が決めなければなりません。例えば決めることとして挙げられるのが基本骨格ベースになります。基本骨格ベースではどのような成分をその骨格として採用するのかを選択します。例えば、基本骨格の中にアミノ酸系や高級アルコール系、シリコンリッチなどを挙げることができます。実際に基本骨格のベースの成分選択によってそのシャンプーを購入した人が得られるメリットが異なります。そのため、OEMを利用する際の重要な決め事の一つになります。

さらに基本骨格ベースに加える成分を選択します。業者によって取り入れることができるコンセプト成分は異なりますが、例えば白金ナノコロイドやペリセア、リピジュア等を挙げることができます。コンセプト成分の種類を数多く扱う業者は少なくないので、幅広い中から選択が可能です。コンセプトの選択で基本骨格ベースと同様に髪の毛にどのような効果を期待できるのかを決定することができます。例えば、白金ナノコロイドを選択すればマイナスイオンの効果、リピジュアであれば高い保湿効果を期待できます。

香りを選択することも求められます。実際にシャンプーを購入する時は香りを重視する人も多いように、開発をする上で重要なポイントの一つです。香りはフローラル系や香水系、フルーツ系など様々な種類から選択が可能です。



OEM業者を利用する際のポイント



現在、企業の中には自社シャンプーを開発するためにOEMを選択する人もいますが、実際にOEMのサービスを実施している業者は多いので、どのような業者を選択すればいいのかわからない人も多いです。選ぶ際にはポイントがあります。

ポイントの一つは業者が提供する作製フローが適しているかどうかです。例えばそれぞれの業者で制作フローは異なります。商品の打ち合わせを行うところや、サンプル作成を行う業者もあります。作製フローによって開発までにかかる時間なども異なるので、提供される作製フローが自社に合っているのか確認をしましょう。

また別のポイントとしてはユーザーの声を聞くことです。実際に利用した人の意見などを知ることができるので、実際に業者を選ぶ際の参考にできる可能性があります。その他にも価格は重要です。価格は見積もりなどを依頼して予算以内で制作ができるところを選択しましょう。

次の記事へ