OEMでシャンプーを生産する際の豆知識

化粧品OEMのピュアハートキングスHOME > コラム > OEMでシャンプーを生産する際の豆知識

OEMでシャンプーを生産する際の豆知識


OEMで生産する魅力を知ろう



シャンプーの生産を検討している企業も多くいるでしょう。基本的にシャンプーは1日に一回は使用します。お風呂に入りその後身体を洗いますが、シャンプーを利用して頭皮の汚れを取り除きます。消耗品になるため一般の家庭ではドラッグストアなどを利用して定期的に購入をすることになります。定期的に購入をしてもらえると期待できるということは、将来的に需要が長く続く可能性があるため、実際にシャンプーの開発業務に乗り出す企業は少なくありません。しかし、自社工場がないので、どのように生産をすればいいのか分からないという方も少なくないでしょう。もし自社工場を持っていない企業はOEMというサービスを利用してオリジナルのシャンプーの生産を実現してみてはいかがでしょうか。

OEMには様々な魅力があります。例えば初期コストの削減です。生産をするためには自社工場を建設する必要があります。自社工場の建設は膨大な費用がかかるということを想像できる方は多いでしょう。またその工場を建てるための土地を購入しなければなりません。土地を購入したらその土地の上に工場を建設することになります。更に工場内部の設備を整えなければなりません。生産に必要な機械を購入したり、事務所のデスクなどの設置をします。機械においては数台導入しなければならないこともあるので初期コストが大きくなる可能性が高くなります。しかし、OEMを利用することで生産における施設は委託する会社に設置されており、その工場を利用して生産をすることになるため、自社工場を持つ時よりも初期コストを大幅に削減できる可能性があります。

OEMの魅力はその他にも製造コストの削減です。基本的に製造をする時は機械を動かすことがになるため、光熱費がかかります。消費する電力は一般家庭に設置されている電化製品よりも大きく、光熱費の負担を企業側は背負うことになります。更に機械だけで生産することができる商品は限られています。そのため、社員を配置しなければなりません。工場で製造するために人員を補強する企業も少なくありません。OEMを利用することで製造業務を委託することになりますから製造コストの圧縮を期待することができ、コスト面で大きなメリットがあります。なるべく負担を少なく生産をしたい方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。



シャンプーの主な成分を知ろう



シャンプーやトリートメントに使用される成分があり、実際にその成分を知らなければOEMサービスを提供する会社に依頼をする際に主成分の選定に時間がかかることもあります。そのため、予め知っておくことで依頼の際に参考になるでしょう。

例えばアミノ酸系の成分です。アミノ酸系はヤシの木やアミノ酸などの天然由来成分を配合したものです。特徴としては自然由来であるという点です。オーガニックシャンプーを実際に使用している方は日本ではとても多いです。天然由来成分は刺激が少ないという特徴があります。例えば刺激が強いものを使用していると肌に疾患のある方は痛みなどを感じることがあります。また、肌の状態が悪化してしまう恐れがありますが、そのような方が天然由来成分を利用することで少ない刺激で頭を洗える可能性があります。

また高級アルコール系が挙げられます。基本的に他の成分に比べて洗浄力が優れている点が挙げられます。男性においてはスポーツなどを頻繁にする人もいますが、汗や脂で頭皮が汚れてしまう人もいます。男性の中には洗浄力の高い成分のシャンプーを求めている方も少なくありません。また、高級アルコール系は泡立ちに優れているので頭皮の脂が多いという方でも泡立ちをキープして洗うことができる可能性があります。

その他にもせっけん系は頭皮を正常な状態にし、頭皮の潤いなどを期待することができます。健康的な頭皮をサポートし、艶のある髪の毛の維持ができることもあります。



シャンプーを生産するためにOEMサービスを提供してくれる業者の選び方のコツ



現在、OEMのサービスを提供してくれる業者は少なくなく、実際に利用を検討している方の中にはどのようなポイントを参考にして選べばいいのかわからないという方も少なくないでしょう。選び方のポイントとして挙げられるのがアフターサポートです。発注をしてからサポートを受け付けてくれないところもありますが、アフターサポートに対応してくれる業者を選択すれば初めて利用する業者でも安心して依頼できるというメリットがあります。

その他のポイントとしては実際の利用者の声を参考にして選ぶことが挙げられます。業者の中にはサイト上でお客様の声を掲載してくれるところもあります。この意見を見れば、利用者に対してどのようなサポートをしてくれるのか、どのような対応をしてくれるのかを把握できるので、自分に合ったOEMサービスを提供する業者を選ぶ際に活用することができるでしょう。

次の記事へ