OEMで自社ブランドのシャンプーを準備しよう

化粧品OEMのピュアハートキングスHOME > コラム > OEMで自社ブランドのシャンプーを準備しよう

OEMで自社ブランドのシャンプーを準備しよう


OEMで自社ブランドのシャンプーを準備する手順について



従来においては何かのモノを販売する時に自社工場を持ち、その工場で製造した商品を市場に流通させるのが一般的でした。しかし、現在では製造過程を外部に委託して自社ブランドの商品を販売している方法もあります。

このように工場を持たずに外部に製造業務を委託することをOEMといいます。現在では様々なジャンルの商品でOEMが可能であり、化粧品やサプリメント、シャンプーなど商品の種類は多岐にわたります。それぞれの人で参入する業界は異なりますが、ヘアーサロンなどを運営している人の中にはシャンプーの自社ブランドを持ちたいと考える人も少なくないでしょう。例えばヘアーサロンを運営しているのであればサロン内に陳列スペースを設けてそこで販売をすることができます。また、カットやパーマなどのサービスを受けるために来店した人におすすめをすることができるので、売れる可能性も低くないでしょう。

さらに、現在ではインターネットを活用して販売することもできるので、販売の方法はたくさんあります。シャンプーのOEMを検討している人の中には初めてこのような方法で自社ブランドのものを準備する人もいるので、一般的な手順を知っておきたいと考える人も少なくないでしょう。まず手順としてはブランド名を商標登録することになります。基本的にブランド名に関しては商標登録をするのが一般的であり、自分の力だけで行うこともできますが、弁理士などに依頼して商品登録をする人も多いです。また、現在登録されている数は多く、既に登録されている名前に似ていると登録ができないので、他社とかぶらない名前を採用するようにしましょう。商標登録をすることができたら、オリジナルパッケージを制作します。実際に購入する人の多くはパッケージの見た目で判断する人も少なくありません。確かに成分なども選ぶ際に重要な要素の一つですが、パッケージデザインも判断材料の一つです。例えばパッケージに、これを使用することでどのような予防が可能なのかを記載することで、その症状に悩む人へ購入を促すことができます。パッケージデザインだけでなくブランドロゴを一から制作する人もいます。ブランドロゴはそのブランドを象徴するものになるので、慎重に制作をする人が多いです。ロゴの制作に自信がない人は外部などに委託することで納得したものを取り入れられる可能性があります。



OEMの特徴について知ろう



OEMで実際にシャンプーを開発した会社は多いですが、特徴を知っておくことで依頼する時に参考にできます。特徴の一つとして挙げられるのが原料を選択することができる点です。基本的にこのようなサービスを提供する業者では複数の原材料を準備してその中から適切なものを選択することができます。原材料の選択によって取り入れることができる効果などが異なるので、慎重に選択する人が多いです。

その他の特徴としては、長期間の販売が可能なことです。例えば一度製造依頼をして全ての商品が完売したら再度注文をすることが可能です。注文が何度も可能なので、長期販売が可能です。長期販売ができれば利益を長期的に確保することができる可能性があるので、サロンやお店の中には利点を感じる人も少なくないでしょう。特徴としては小ロットでも可能なことです。小ロットとは注文個数のことで、たしかに業者の中には大ロットからしか受け付けてくれないところも多いですが、現在では小ロット対応の業者も多く、まずは少ない個数からOEMをして、売上の状況が上向きになれば個数を徐々に上げて販売をすることも可能です。価格の決定権が自分にあることも特徴の一つです。当然、シャンプーをOEMするためには費用が必要になりますが、販売する時の値段は自分で決めることができます。基本的に原価よりも安く販売する人は少ないですが、自分で自由に価格設定が可能です。



OEMサービスを利用する業者の選択を行う



現在ではシャンプーのOEMを行ってくれる会社は少なくありません。そのため、シャンプーの自社ブランドを持ちたいサロンなどにおいてはどのような業者を選択すればいいのかわからない人も少なくないでしょう。

選び方としてはまずどのような成分を扱っているのかを確認することです。実際に自社ブランドを開発することを検討している人はどのような人をターゲットに開発を行うのか決めている人も多いでしょう。先程も述べたように成分の違いによって取り入れることができる利点は異なるので、自分が取り入れたい利点を実現できる成分を扱っているのかを確認します。その他の選び方は既に利用しているユーザーの声を確認することです。ユーザーの声を聞くことでその業者を利用して満足できたかなどを聞くことができるので、業者を選ぶ際に参考にすることができます。髪にやさしい成分を取り入れてオリジナリティーあふれる商品づくりを目指しましょう。

次の記事へ