OEMで自社化粧品を作ろう

化粧品OEMのピュアハートキングスHOME > コラム > OEMで自社化粧品を作ろう

OEMで自社化粧品を作ろう



OEMで自社化粧品を作ろう



化粧品は日本人に欠かすことができない物の一つです。特に女性においてはファンデーションやチークなど外出をする時にはお化粧をするので普段の生活から使用することが多いです。化粧品と聞くと見た目を美しくすることを目的とした化粧道具をイメージする人も多いですが、シャンプーもその類に含まれます。シャンプーを使用しない人は少ないです。基本的にお風呂に入る時に石鹸を使用して頭を洗う人は少なく、市販などで販売されているシャンプーを頭に付けて泡立てて洗っている人が多いです。ドラッグストアなどでも購入できますが、美容院などにおいては自社ブランドの化粧品を販売する目的でOEMのサービスを利用している人も多いです。

OEMとはOriginal Equipment Manufacturingの略で、製造を委託して自社商品を開発してもらうサービスの一つです。日本にも化粧品のOEMサービスを提供してくれるところは複数あるので、利用できる環境が整っています。では実際にOEMを活用することによって利用者はどのような魅力を獲得することができるのでしょうか。魅力の一つとして挙げられるのが、投下資本を節約することができる点です。製造過程を委託して開発ができるので、生産をするための投資を縮小することができます。このようなサービスがない従来においては生産を実現するために工場を購入または建築するのが一般的でした。当然工場の建設には莫大な費用がかかりますので、費用負担が大きいと感じる企業は多いですが、OEMによって投下資本を節約し、委託者は費用負担並びに投資リスクを少なくできる可能性があります。

生産量を柔軟に調節することができる点も魅力です。例えば化粧品によっては需要変動が発生するものがあります。例えば夏向けの商品においては冬の季節になると需要が低下する可能性があるのでその変動に対応しなければ企業側は在庫を抱えることになります。工場所有をしている企業とは委託をすれば柔軟に対応してくれる業者が多いので、多くの在庫を抱えるリスクなどを下げられる可能性があります。このように魅力が複数あり、大きなリスクを背負うことに負担を感じる企業や、コストをできるだけ少なくしたいと考える会社の中にはOEMを選択して化粧品を作っているところも多いです。



OEMで化粧品を作る時はコンセプト成分を選択できる



OEMで化粧品を作る時にはコンセプト成分を選択することができます。業者によっても異なりますが、複数の成分を取り扱うところが多いです。例えば成分の一つとしてオレンジラフィー油を挙げることができます。実際にオレンジラフィーは高級な白身魚として知られており、希少な魚の一種になります。このオレンジラフィーからはマリンオイルという成分を抽出することができます。この成分は人間の肌に近い成分であることで知られており、肌の保護や保湿を期待することができます。

その他の成分としてはセラミドを挙げることができます。オレンジラフィー油よりもセラミドは認知度が高いですから既に知っている人もいるのではないでしょうか。セラミドは髪の毛のキューティクルを整えてくれることを期待できます。そのため、髪の毛に艶を与える化粧品を作りたい人が選択するコンセプト成分の一つです。ペリセアもコンセプト成分の一つです。ペリセアは髪の毛のダメージを修復することを期待できます。

現在ではカラーリングやパーマなどによって、髪の毛にダメージを抱えている人が多いので、髪の毛のコンディションに対して悩みがあるという人も多いです。もし化粧品の中にペリセアなどの成分が含まれていれば、ダメージの悩みを少なくできる可能性があります。その他にも複合アミノ酸や、リピジュアなど幅広いコンセプト成分を扱う業者が多いので、取り入れたい成分を選択して自社が目指す化粧品開発のサポートを受けることができます。



OEMサービスを提供してくれる業者選びのコツ



化粧品などのOEMサービスを受け付けてくれる業者は複数あるので、作ってもらうことを検討している人の中にはどのような業者を選択すればいいのかわからない人も少なくないでしょう。選び方のコツとして挙げられるのが、利用者の声を一度ホームページなどで確認をしてそれぞれの業者を調べることです。

実際にお客様の声を掲載しているところも多くあり、その声を活用することでどのような企業がその業者を利用したのか、どのような対応を受けることができたのかを知ることができます。そのため、業者の対応力やどれぐらいの企業が実際に利用しているのかを知ることができるので、信頼できる業者かどうかを判断する時に参考にできます。

業者を選ぶ時はどのぐらいの納期を実現してくれるかも参考にしましょう。例えば業者の中にはおよそ半年以内で商品を納品してくれるところもあります。

次の記事へ