OEMタイプのシャンプーのメリットとは何か?

化粧品OEMのピュアハートキングスHOME > コラム > OEMタイプのシャンプーのメリットとは何か?

OEMタイプのシャンプーのメリットとは何か?

オリジナルシャンプーの魅力について


普段使っているシャンプーですが、どのようなメリットがあるのかについて考えずに使っている方もいるでしょう。しかしながら、シャンプーは毎日のように自分の髪を洗うために使うものであるため、その成分について少しでも関心を持っていたほうが良いです。たとえば、髪の毛はタンパク質でできているため、あまりにも洗浄作用の強い物を使ってしまうと、髪の毛に大きなダメージを与えることになってしまいます。また、自分の皮膚に合わない成分が入っている場合もあります。そこで最近話題になっているのがOEMです。OEMとはoriginal equipment manufacturerの略号で、自分だけのオリジナルブランドを作り出すことが可能であるサービスです。
傷みやすい髪の毛の場合には例えばアミノ酸系のものを作ることも可能であり、頭皮がデリケートな方の場合には、刺激の少ない成分や天然成分が主体のものをデザインすることも可能です。そして、頭皮の老化を防ぐために抗酸化成分を配合するのもおすすめです。一方で、頭皮での毛髪の生育環境を良くするために保湿成分が多く含まれたものを作ることもできます。このように色々な成分がありますが、OEMでは髪の毛を魅力あふれるものにするために、ユーザーの希望に合わせて色々な種類のものを作り出すことができます。髪の毛の見た目をアップさせるようなセラミド成分を配合することもできるだけでなく、髪の毛の成分であるコラーゲンやケラチンを配合させることも可能です。
毎日つかうものであるため、その中身についてもこだわりを持ちたいと考える方は多くいます。そのため、ユーザーの満足度を高めるために商品の製作については十分な相談をもとに行われます。また、試作品については何度もチェックを加えて、ユーザーの方に完全に満足してもらってから商品としてリリースされます。

ユーザーの満足度が高い


これまでの美容業界は、それぞれのユーザーの意見が商品に採り入れられ、製作となることはそこまで多くありませんでした。しかしOEMシャンプーは、ユーザーの意見を交えて、最良のシャンプーを作り出すことがベースとなり、作成が行われています。そこにはもちろん、最新の情報を取り入れていくことも必要です。なぜなら、同じ商品をいつもリリースしていたのではユーザーに飽きられてしまうことになり、満足度は低くなるためです。しかし、何でも新しい物を取り入れればいいということではありません。従来の技法の良いところは残して、最新の技法の良いところを取り入れるという姿勢こそがユーザーの満足を得ることができます。
また、良い製品を作り出すことをすることによって、会社のメンバー自身のレベルアップも図ることが必要です。なぜならば、洗練された会社のメンバーが作り出すシャンプーは、当然のことながら洗練されたものになり、お客さんの満足度を高めるものになるためです。お客さんの満足は、会社のメンバーにフィードバックされ、それを励みとして、会社のメンバーがさらに自分のレベルアップを図っていくことになります。制作側として、一見当たり前に思えることではありますが、これが難しい場合もありました。しかし、OEMによってシャンプーを作りだすことを行っている会社では、自然と行われています。このようなことが利用者にとって安心できる高品質のシャンプーをつくることにつながります。

OEMのメリット


OEMタイプのシャンプーを使うメリットはどのような点にあるのでしょうか。それは、すべての人が自分の美しさにこだわりを持ったケアが可能なところです。人間はだんだんと年をとり、どんどん老化をしていきます。そのため、潤いやハリ、ツヤといった美しさはだんだんと失われてしまいます。自分の美しさを維持するためには普段からの体のお手入れが、実は非常に重要なものです。OEMでは、それぞれの髪に合わせた必要な成分を多く配合した商品をつくることができます。このようなシャンプーで日ごろから体のお手入れをしていけば、老化を十分に遅くすることが可能となり、美しさをキープすることができます。いろいろな美容法が巷にはありますが、シャンプーを使って日ごろからケアをするメリットには、そのプロセスが非常に簡単な点があります。そのため、毎日の営みの中で、自分の美しさをよりアップさせることができるOEMのシャンプーは多くの方に注目されています。
また、商品を作成する場合には、納得いくものができるまで何度も繰り返し試作品を作ることが大切です。さらに、商品の成分だけでなく、使いやすさを追求するために、ボトルの試作品もしっかりとした打ち合わせが行われています。このようにOEMは、シャンプーを製作できる工場を持たない方でも、それぞれの髪に対する要求に対してきちんと対応することができるタイプの製造方法です。

次の記事へ