oemで作る理想のオリジナルシャンプー

化粧品OEMのピュアハートキングスHOME > コラム > oemで作る理想のオリジナルシャンプー

oemで作る理想のオリジナルシャンプー


自社ブランドの維持に役立つオリジナルシャンプー



美容品などの販売を行っているメーカーの中には、自社ブランドを持っている企業がたくさんあります。大規模メーカーは高い技術力と豊富な予算があるので、オリジナルブランドも十分作れますが、小規模メーカーではそうはいきません。リスクは大きく、ノウハウも少ないと非常に難しい状況に立たされるため、小規模メーカーがオリジナルの製品を商品化する際はoemを利用するのが一般的です。これは製造工場や研究室を持っていないメーカーが、工場や研究を注文して依頼する企業です。工業施設なども一通り完備しているので、試作品の製作やテスト、工場での大量生産も一手に依頼できます。さらにoem企業にシャンプーの研究や開発、製造の全てを任せて商品化するメーカーもあります。こうして製造されたシャンプーは、自社オリジナル製品として市場に並び、利益に大きく貢献します。

現在oemで生産する企業は国内に数社あり、それぞれどんな製品を生産するか、納期はどのくらいかかるかが違います。シャンプーだけでなく、ヘアスプレーや石鹸、ボディソープなど、多種多様な美用品の開発を手掛けています。大量生産に対応できる企業も多いですが、小規模のブランドなら、小ロッドの生産に対応できる企業を利用するとよいでしょう。

オリジナルシャンプーをoemで作るメーカーは増えており、ブランドとしての価値を保っていく上でとても意義のある運営の形として注目が集まっています。美しい髪を作るためには、品質の良いシャンプーが欠かせません。だからこそ魅力的なシャンプーを求めて、多くの女性が貴重な独自ブランドのシャンプーを購入しています。その需要を逃さずに確保できれば、ブランドの知名度もさらに高まるでしょう。



自社ブランドの商品で新たな客を獲得



ヘアサロンや美容院の店舗数は増え続けていて、経営を成功させるためには、他店との違いを出す必要があります。そのための戦略として使われているのが、ヘアサロンで使用するシャンプーやコンディショナーなどのヘアケアグッズを、既製品でなく自社のオリジナルブランドの商品にする方法です。

そこで、メーカーからの依頼を受けてブランド商品を作り、自分のヘアサロンのオリジナルシャンプーなどの製造をしてくれる企業があります。自社ブランド商品を使うことで、他店との違いを出し、新たな客の獲得につなげることができます。oem企業を介さず、自分たちでゼロからブランドを立ち上げる場合、全くのノウハウがない状態からの製造は、失敗したときのリスクは大きくなります。さらに販売許可などの申請にも時間がかかるので、ゼロからの大規模なブランド立ち上げは、ヘアサロンがとるべき戦略として現実的ではないでしょう。その点oem企業に依頼すれば、製品に関する行政の許可を得ているので、すぐに製造に取り掛かることができます。

oemで発注する利点は、気軽に低予算で商品が作れて、初期費用をあまり費やさない事にあります。既存の成分などの組み合わせでも、十分オリジナルのシャンプーは作れますし、ゼロからのスタートよりもはるかにコストも削減できます。実際に作られた試作品もサンプルとして確認できるので、様々な項目をチェックして、自分だけの個性的なシャンプーを作りだせます。過去の製造ノウハウも蓄積されているので、スタッフに相談すれば、さらに完成度を高めることも不可能ではありません。正式発注に至るまで何回もお試し版を作り、お客様の需要をヘアサロンで試してから正式に発注すれば、より確実に利益を上げられるオリジナルシャンプーが完成するでしょう。



状況に応じたシャンプー作り



oem製品は、あくまでメーカーがユーザーの需要に合った製品を世に出すために、oem企業と共同制作するものです。そのため、メーカーが作りたい発想を伝えないと、ブランド商品としての魅力を一切出せずに終わってしまいます。そのため、高品質な製品を作るための時間はいくらあっても足りません。オリジナル製品だからこそ、しっかりと打ち合わせを行い、失敗のリスクを回避するようにしましょう。

最近は品質にこだわりを持つ方が非常に多くなっています。シャンプーやトリートメントの主となる成分はもちろん、どのような髪の悩みに対応した商品にするのかというコンセプトとなる成分を選ぶことも大切ですし、香りや容器などもターゲットやブランドのイメージとなるようなものを選ぶ必要があります。だからこそ理想の商品作りのための調査は徹底して行う必要があります。

また、oem生産を依頼する企業によっては小ロットでの生産が行えるので、限定品として販売時期を限定させるという販売の方法も可能です。

このように、作成を依頼する業者の状況に応じたものを製造することができるので、オリジナルの商品を作りたいと考えている企業は、利用してみると良いです。

次の記事へ