oemで業務用シャンプーを作ろう

化粧品OEMのピュアハートキングスHOME > コラム > oemで業務用シャンプーを作ろう

oemで業務用シャンプーを作ろう


コンセプト成分を考慮してoemで業務用シャンプーを作ろう



家庭用とは対照的に、業務用とは法人が使うことを前提として開発された商品のことを意味します。現在では、oemを利用して業務用シャンプーを作る場合があります。例えば利用シーンとして挙げられるのが、銭湯や温泉を経営している会社です。日本では昔から銭湯や温泉が数多く存在しています。これらは複数あるので、差別化をするために自社開発のシャンプーを使ってお客様の増加を期待したいと思われている会社もあるでしょう。そのようなシーンにも利用することが可能です。

さらに銭湯や温泉だけでなく、美容室などでも活用することができます。美容室は髪の毛のカットやパーマなどを行うところですが、カットやパーマをした後には髪の毛を洗う店舗が多いです。お客様の満足度を上げるために、良質のシャンプーで髪の毛を洗いたいと思う美容室のオーナーもいるのではないでしょうか。業務用を利用するシーンはこのようにたくさんありますが、oemで開発をする時はコンセプト成分を選択して開発してもらうことができます。コンセプト成分を取り入れることでオリジナリティを高めることができます。

また、コンセプト成分の選択によってどのような効果が得られるのかが変化しますから、慎重に利用するという人も珍しくありません。例えばコンセプト成分として知られている複合アミノ酸を選択すれば、保湿効果を期待することができます。お肌の保湿だけを気にしている人も少なくありませんが、頭皮も保湿が必要です。もし保湿が足りないと、頭皮が乾燥するのでフケやかゆみの原因になる恐れがあります。複合アミノ酸を使用することによって乾燥を防ぐことができる可能性があります。また、複合アミノ酸は強度の改善や修復機能などがあることで知られています。

コンセプト成分の中には、補修効果を期待することができる成分があります。今では特に男性において毛髪のダメージに悩みを抱えている人は少なくありません。毛髪ダメージが大きければ薄毛や抜け毛の原因になる恐れもあるので、日頃から気を遣っている人は多いです。男性ので気を遣っている人は多いですが、女性においても毛髪ダメージを軽減させたいと思う人も少なくありません。従来においては髪の毛を染めるといったことをする人は少なかったかもしれませんが、今では美容院を利用すればカラーリングの施術を受けることができます。また、パーマを利用する方もいますが、熱を加えたり特殊な液を使用したりするのでダメージを受ける可能性がありますが、そのようなダメージをシャンプーで軽減できる可能性があります。



oemを利用して業務用のシャンプーを開発する魅力を知る



このように業務用のシャンプーを作る時にoemを利用すれば成分を選択することができるので、開発を依頼する方はどのような効果を取り入れたいのかを事前に決めれば自分の求める効果を得られる可能性がありますが、成分が選択できるだけでなく、その他にも数多くの魅力があるので業務用シャンプーをoemを利用して開発している人は少なくありません。

魅力の一つとして挙げられるのが、コンセプト成分だけでなく主成分を選択することができる点です。主成分にはアミノ酸系や石鹸系などの成分が挙げられます。この主成分の選択によって、頭皮にどれぐらい刺激を与えるのかを決めることができるので、更に自分が望む業務用のシャンプーに近づけることができる可能性があります。

コストを抑えられるという点もメリットになります。一般家庭用と同様に、業務用においても全て自社開発をして生産する時は工場等の大規模施設が必要で、初期コストが多くかかる可能性があります。しかし、業者を利用して工場を借りて生産する方法では委託という形になり、自社工場を建設しなくても開発をして施設利用のお客様に使ってもらえることができます。このように、たくさんの魅力がありますが、どのような業者を選択すれば自分好みのものを実現することができるのでしょうか。



開発サポートをしてくれる業者の選び方のコツ



業務用のシャンプー開発をサポートしてくれる業者は少なくありませんので、利用を検討している方の中にはどのような業者を選択すればいいのか分からないという人も少なくないでしょう。

選び方のコツとして挙げられるのが、どのぐらいの利用者がいるのかという点です。利用者がいれば不安を払拭できるという人もいるのではないでしょうか。業者の中には、ユーザーからの意見なども得ているところもあり利用者の感想を聞けます。利用した時にどのような対応をしてもらったのか、どのような会社が開発を依頼したのかを予め把握して選択するようにしましょう。

選ぶ時は価格やサービス内容も比較検討をしましょう。例えば価格を比較すれば安いところを選択することができます。また、品質を求める方は質の高さを比較して質の高いサービスを提供するところを選択することもできるでしょう。

次の記事へ