oem化粧品とは?

化粧品OEMのピュアハートキングスHOME > コラム > oem化粧品とは?

oem化粧品とは?

oem化粧品とは?



oemという言葉を聞いたり、店頭で見たことがある人もいるかと思います。販売メーカーとは別に製造メーカーとして書かれており、不思議に思う方もいるのではないでしょうか。今回はoemの意味や、その内容についてご紹介します。

まず、oemはオーイーエムと読み、メーカーに変わって商品を開発・製造する会社のことです。製造のみと勘違いされている場合もありますがそうではありません。メーカーからの委託を受け、成分・効果・匂いなどを考え、オリジナル商品を開発します。そして商品に付けるデザインまでも考えてくれる会社のことです。ただし、全てお任せするというわけではなく、商品の販売目的やターゲット、望む効果などはメーカーが考え、そのイメージに合った商品を作ることになります。

化粧品だけではなく、シャンプーやボディーソープ、ハンドケア、フットケア、医薬部外品、雑貨なども開発・製造可能です。最近では大手メーカーもこのoemを使用し、商品を開発するようになりました。oemは会社独自のもの、今までにない高性能のものなどを作成することが出来ますし、容器もまだ見たことがないようなものまで作ることが可能で、要望があれば試作を作ってくれるというところもあります。販売用から記念品として少量使用する時などの対応も可能です。

プライベートブランドと勘違いをしている人もいますが、oemには生産者と委託者がおり、できた商品は委託者の名前で販売します。これに対し、プライベートブランドは自ら商品を作成し、プライベートブランドの名前で販売する方法です。大きく違う点は自ら商品を開発し、販売することです。oemは開発のみを行い、実際に販売するのは委託業者になります。



oem化粧品の作り方とは?



oemでの化粧品の作り方は、委託者からの要望に添って行われます。購入してほしい年齢層や、商品の効果、そして匂いなどの要望を聞き取りします。化粧品の場合は効果が重要となってきますので、どのような効果を出すためにどんな原材料を使用するのかを話し合います。原材料には液体、個体、粉末などのタイプが分かれており、この形状が変わるだけで効果に差が出るとも言われています。今までにない商品を開発してほしい場合にはこの話し合いの時に希望する効果を具体的に説明するようにしましょう。特殊容器などを使用する時はサンプルがあれば持ち込み、容器の設計も委託するようであれば希望する内容を伝えるようにします。

この話し合いが終わると商品の試作品を作ります。何度も試作を繰り返し、委託者の希望にあった商品ができると委託者とテストを行い、そのテスト結果に応じて試作を繰り返していきます。中身ができたら、容器やラベルデザインを考えます。このデザインを考える仕事もoemに委託することができます。もちろん委託者が自分で考えることも可能で、どこまでoemに委託するかは選択することが可能です。

記念品や初めて化粧品を作ろうとしている人には、どうしたらいいのか分からないことが多くあると思います。そのような時はoemに相談することも可能で、効果やラベルデザインなど何でも聞くことができ専門業者を紹介してくれることもあります。oemはただ製品を作るだけではなく、その製品ができるまでをトータル的にサポートしてくれる会社でもあるので、商品の開発中につまずいてしまうことがあっても安心して依頼することができるようになっています。



oemのメリットは?



メリットはいろいろありますが、まず委託業者側のメリットとして経費などを安くすることができ、専門職員や、研究者等の人員が減らせることです。原材料の選定から研究は全て委託できるためそれらの人件費を削ることが可能です。そして研究を行う為の場所や機材の確保、材料の調達なども不要となります。化粧品を作るノウハウも不要になるため研究知識のない職員でも対応することができるようになります。

そして売上の予想を立て、必要な数量を注文できるので、無駄な在庫を抱えることもありません。一度注文したものは再度注文することができるので足りないようであれば再発注することで必要な時に、必要な数量を確保することができるようになっています。このように委託業者には経費などのメリット以外にも人員面・在庫面などでとても嬉しい効果があります。

消費者側のメリットは、経験豊富な職員が商品開発を行うので今までにない新しい化粧品が登場する可能性があります。最近ではより小さな分子を材料とすることで浸透力を高めたり、肌本来の力を若返らせることでハリを出すなどの化粧品が登場しています。化粧品の進化は数年で驚くほどに進んできています。自分の求めている化粧品に出会えることがこれから増えていくのではないでしょうか。

また、個人が、自分に合った商品を作りたくて依頼する方もいるようです。特に肌トラブルがある方は市販の化粧品が使えない方もいるため、このような作業を委託できる場所があると専門知識がなくても好みの化粧品が作れるので注目されている存在となっています。

次の記事へ